スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間

先週の月曜日からダンの体調が悪い。



内股で座るのが得意。






21日(月)  朝、起きると嘔吐の跡 (黄色い胃液のみ)



        ん?お腹空いちゃったのかな? 程度に思っていた。


        その後、変化はなし。食事もいつも通り食べる。




22日(火)  朝、嘔吐の跡。



        え?また? そんなにお腹空いちゃってるのかな?

        その日は私がパートのため 1日お留守番だった。


        帰宅すると、また嘔吐の跡、オシッコ3回、ゆるいウンチ。

        
        散歩に連れ出すと、また ゆるいウンチ 




23日(水)  朝、嘔吐の跡。



        さすがにおかしいよね。でも今日は病院がお休みだし


        葛をごはんに混ぜて 胃腸に優しいご飯にして様子をみた。



        散歩中、うんちは いつもよりゆるいかな 程度だった。
 
        18時50分 また胃液を嘔吐。

        いつも夕飯は19時半とか、仕事の日だと20時を過ぎることだってある。


        どうしちゃったのかな。。。

        
        夕飯にも葛を混ぜて様子を見る。




24日(木)  朝、いつもより早めにご飯をあげる。


        私が仕事のため、1日中お留守番。


        またオシッコ3回もしたら大変

        (3回目はする所がなくてクッションにしてしまうから)


        ダンだけ散歩に連れ出して オシッコもウンチもさせて出勤。


        
        寄り道せず、急いで帰ってみたら 

      
        やっぱり オシッコ3回(クッションにも。。。)

        ゆるいウンチと 嘔吐の跡。



25日(金)  朝5時半に 葛湯を飲ませ、食事はいつも通りの時間に、いつも通りよく食べた。


        散歩中のうんちは ゆるめ。


        夕方、念のため葛湯を飲ませた。

        
        夕飯もちゃんと食べた。


        この日は嘔吐が1度もナシ。 よし、あとはウンチの状態を良くしていこう!


        と思っていた。



26日(土)  朝、嘔吐の跡


        朝ごはんを出すと 喜んでいつも通り着席して 食べ始めたので


        私はキッチンに戻って後片付けをして 

        
        2匹の顔を拭くために リビングへ行くと



       
        ダンは食べるのをやめて 伏せたまま 震えている!!


        ご飯を食べないことなんて 殆どない! 


        ヤバイ!どうしよう・・・病院へ連れて行かなきゃ・・・とプチパニックな私。


        そんなのお構いなしで、自分の分を食べ終えたパトンが


        ダンの残り物に手をつけている。。。。
 
        


車が無かったので 電車で行かなきゃな。。。と思って


あれやこれやと用意していると 『おでかけ?』 とテンションが上がるダン。


え?元気なの? 病院行かなくても大丈夫? と頭に何度もよぎったけど


でも、月曜日から そう思っていたのに、今朝の出来事があったわけだから


やっぱり行かなきゃ!と思ってダンだけ連れ出す。





カートで行くつもりだったけど


玄関まで喜んでダッシュする姿を見て 歩いて行くことにした。


それくらい元気だった





病院では これだけ嘔吐とゆるいウンチが続いているので


レントゲンと血液検査をすることになった





まず、レントゲン結果


小腸がボコボコしていて荒れている

リンパ管が広がっていて 栄養が漏れてしまっている (腫瘍があるわけではなさそう)



血液検査


ゲリが続いているので脱水症状が出ている

更に、もっと深刻なのは

総コレステロールが低すぎる事。

標準が111~312mg に対して ダンは80mg




栄養がもれてしまっているということもあるのだろうけど

犬はコレステロールが低いのは とてもマズイ事らしい。

その他、肝臓などの数値は標準範囲なので まだよかった 

と診断を受けた。




1週間後、検査をしてまだコレステロールが低いようなら、入院です




入院・・・・それは絶対イヤなの・・・・  




治療は その日は点滴を打ってもらい栄養補給

小腸の炎症を抑えるにはステロイド系の薬を使う事になってしまう

との事で、この日は注射で。あとは1週間分の薬で様子を見ることに。


こんなに沢山。。。

過去最高の薬の量 加えて、いつもの血管炎の薬を飲む。




原因は?と先生に尋ねると

元々胃腸が弱いという事もあるし、

血管炎の炎症が腸の方へきたとも考えられるそうだ。

腸だって血管が張り巡らされている。

血管がある場所なら どこでも症状が出る病気。

にっくき血管炎め・・・




手作り食にしてから、多少のゲリの日はあったものの

毎年、腸炎になっていたのに 手作り食に切り替えてからは

ならずに済んだし、体重も増えてきた。



私の手作りなんて大した物じゃないけど

やっぱりドッグフードより 

手作りの方がダンの胃腸にはよかったんだな と思っていたのに

こんなことになって とてもショックだった





帰りも歩いて ダンと家へ戻る。



こんなに元気そうなのに・・・




病院の帰り際、先生に

『もし、食事を食べないとか 下痢が治まらないようなら 早めに連れてきてください』

と言われてるのがウソのよう





帰ってから 少し安静にさせて

お留守番してもらったパトンの散歩にも行かなきゃな~と思って夕方連れ出した。

勿論、ダンも行く気マンマンだったので一緒に。

(ステロイドのおかげか?あんなに歩いたのに、まだまだ元気)



2匹の背中を見ながらの散歩は  

   落ち込み気味の私とは裏腹に

                  心がホッとする

                      元気に歩くダン


ふと振り返ったときの影

     私が落ち込んでどうする!


ダンを守れるのは飼い主だけだ!!と思い直して


さ、楽しくお散歩しなきゃね♪ と思ったら            
                              パトンはいつもと変わらないね
                                 姉さん、この状態。


それが一番だけど。
パトン~。ダンがこんなに頑張ってるんだから お願いしますよ~



そんな感じで トボトボ 

私、頑張らなきゃ。

でもショック・・・

がんばれ、私。


なんて考えながら歩いていると


こぼじょーに会えてよかった

ご近所のこぼ&お嬢コンビと遭遇。家まで一緒に帰る事にした


色々話を聞いてもらって


随分と助かった。気持ちが楽になった。


さんきゅーお嬢。
                                            さんきゅーこぼちゃん

笑わせてもらって元気出た。



ちょっとずつ仲良くなってる
パトンとこぼちゃんが いきなり顔でスンスンし始めた時は驚いた!


ガウ!っとするんじゃないかと心配してたけど


飼い主の知らない所でブヒズの距離は縮まっているみたい。





くっついてる姿は可愛さ倍増

帰ってから 食事もちゃんと摂り

大量の薬も嫌がらず(気づいていないのか?)残さず完食。




私は手作り食の本を 読み返し、読み返し、読み返し。


ダンの食べた物、ウンチの回数、気づいた事をメモをとり


とにかく1週間後の再検査で『入院』にならないように


回復させてあげなきゃ!!!と必死です




さすがに疲れたよね(笑)

病院・散歩・食事を済ませ どっと疲れたみたい(笑)


私もブランケット貸してあげる♪

全然動かない
          ダン、病気療養中




パトンは健康でいてね!
        パトン、通常通り営業中。



  









07 | 2017/03 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:トモ
パトン(♀)
クリーム
誕生日2005/4/25
 
ダン(♂)
ブリンドル
誕生日2005/12/31

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。