スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院

日曜日、パトンのワクチンを打ちに病院へ行ってきた。

体重9.3キロ・・・

先生『ん?何か太ったね。』
131_3138.jpg

『レディーに対して失礼ね


生理が終わった頃から丸々してきたんです。ごはんの量は変えてないのですが・・・

とお話したところ先生の顔が・・・

先生 『妊娠の可能性はありますか?』

私 『いや、予防してたつもりなのですが・・・わかりません』


先生 『妊娠だったらいいのですが、生理が終わった1ヶ月、2ヶ月位すると症状が出るのが
    子宮蓄膿症と言われる病気があるのですが・・。お水は沢山飲みますか?』

私 『はい、最近はよく飲みます。』

先生 『ん~・・・子宮蓄膿症はお水を沢山飲むという症状がでるのですが・・・』

私   マジですか

冬頃、パトンがあまり水を飲まないんですけど・・・と先生に相談したことがある位
パトンは水を飲まない子だった。

それが、この夏はよく水を飲むな~と思っていた。
エアコンをつけているから、喉がかわくのかな~と思い込んでいた・・

レントゲンを撮ってもらい、今のところ子宮が膨らんでいる様子も無いし、
子宮に何かが映っている様子も無いので、これ以上お腹が膨らんできたり、
水を異常に飲んだりしておかしいなと思ったら連れてきてくださいとの事でした。

ホッと一安心。

パトンは避妊手術をしようかと思っています。

交配の予定もないし、もっと早く避妊手術をしてあげればよかったと
後悔もしてるけど、先生に聞いたら2回目のヒートが来る前がベストだけど、
それより遅いからって今やらないよりは、やった方がいいですとも言われたので。

Kに相談してみようと思う。

少し前にKに相談した時は 『なんだか可哀想な気がする・・』と言っていたけど。

病気になるよりは手術をがんばってもらったほうが・・・
まだ2才だし。高齢の手術は麻酔のリスクがもっと高まるし。
やっぱり、避妊してる女の子のほうが多いのかな~。

131_3187.jpg

我が家のスフィンクスライオン 『私、女じゃなくなるの・・・?』

comment

管理者にだけ表示を許可する

うちのマイクは6ヶ月の時に避妊しました。
交配させる予定もないし、早めに避妊した方が病気を防げる率が上がるってことで。
今はバズを去勢させるか悩み中です…
パトンちゃんなんでもないと良いですね(^^)!

v-280タポさんへ
マイクちゃんは既に避妊済みなんですね~。
先生によれば、極端な話、オスは4.5歳に
なってからでも遅くはないと。
でもメスは早ければそれに越したことはないって事でした。
パトンは避妊手術する方向でKと話合いました。
お腹を切るのはかわいそうだけど・・・

うちも相当悩んで6ヶ月のときに手術いたしました。
お腹を切ることも麻酔のリスクも・・・怖いこといっぱいですよねv-406
それに、何がワンコにとって一番幸せなのかとか、
自分がそんなこと決めていいのかって
いろいろ考え出すと止まらなくなるーv-356
でも、頑張ってポジティブシンキング(笑)で突き進んでますが・・・

パトンちゃんは、何があったってセクシー女子だから
だいじょうブイv-238

Grandも家族に迎えたときから、去勢手術について話し合っていますが・・・
ついリスクのことについて考えすぎてしまいます。
でも踏み切れない一番の理由は
ここならGをたくせるという病院が見つからないからかも・・・

パトンちゃん、心配です。大事ないといいですね。

我が家も、あんこ7ヶ月・もなか6ヶ月の時に
避妊手術をしました。
私たちもたくさん悩んで迷いました。
ご心配は本当に尽きないと思います。
でも、トモさん達が決断したことが
パトンちゃんにとって最良の選択であると思っています。
みしかママンさんのおっしゃる通り、
ポジティブシンキングですよ☆

v-280みしかママンへ
みなさん、やっぱり悩むんですね。
そうですよね~人間が勝手に手術する・・・
動物は自然のままにいたいかもしれない・・・
でも避妊によってのメリットも十分にある事も考えると
やっぱり避妊手術してあげたほうがいいかな~と思ってます。

v-280grandma さんへ
病院捜しって重要ですよね。
前にもブログに載せましたが、動物病院でもこんなに差があるんだなと
考えさせられました。先生にも専門の分野があったりすることも初めて知ったことでした。
今の先生に出会えたので、パトンの事はお任せしたいと思ってます。
ただ、鼻ペチャブヒの手術はどんな先生でも多少の不安は残ってしまいますけどね・・・

v-280めぐみさんへ
あん・もなコンビも避妊済みなんですね。
めぐみさんの言うとおり、心配ってつきないですよね。
先生に麻酔の事について詳しく聞いたところ軽い注射麻酔をした後はガス麻酔にし、
呼吸確保の管を通して手術するようで、ただ、気をつけるのは管を抜く時と麻酔を徐々に
切っていくとき。先生も鼻ペチャには気を使ってるようなので、この先生なら任せられると思っています。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

トモ

Author:トモ
パトン(♀)
クリーム
誕生日2005/4/25
 
ダン(♂)
ブリンドル
誕生日2005/12/31

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。