スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きくなったな~続き

2回目の入院はなぜか・・・

それはご飯を食べると必ずと言っていいほど吐いたマジですか
122_2300.jpg

ダン『食欲はあるんですけどね』
不安だった。どうして
元気だけど吐く。
食事を与えるごとに毎回吐く
栄養が取れてないんじゃないか

病院へ連れて行った。
血液検査。
『特に異常は見当たりません』

2日後、吐く回数が増えてきた・・
吐くなんてどこかおかしいに決まってるビックリみっちゅ
栄養も取れてないかもしれないと思った私はドッグフードに
ササミをトッピングして少しでも栄養をつけて欲しかった。

その結果・・目の周り、口のあたり・・・ドカンと腫れ上がった
『ナニこれ墓ドロドクロmoz
すぐに病院へ電話。
『アレルギー反応だと思いますが、喉まで腫れると呼吸困難になりますから
心配でしたら連れてきてください』

その日はうちで様子をみて、次の日病院へ
しかもその日は下痢、そしていつも通り吐く。
嘔吐が止まらないので入院させましょう。との事

ダンを病院へ置いて帰るの中で電話が鳴った。
『あれから何度も吐いているので緊急で血液検査をしてもいいですか?』と。
こちらはお願いするしかなかった。

2日目・・3日目・・4日目・・5日目・・・
『原因は何ですか?』と聞いても
『分かりません』

え~どうしたらいいの・・・
6日目『便から虫が見つかりました。ただそれが原因かは分かりません』
『胃の検査はしてるんですか?』
『希望があればします』

分からない・・わからない・・・と続き
結局分からないままダンを退院させた。

虫下しの薬を貰って。
『1週間後またきてください』

なんだかダンの背中の辺りにコブのようなものができている。
こんなの面会に行った時は無かった。

私は他の病院へ行くことにした。

同じフレブルを飼っている方に評判の良い病院はないか聞いてみた。
意外と近くに大学病院で勤めていた先生が今年、開院した病院があったのでそこに連れて行った。

症状を全部話し入院していた事、虫下しの薬も持参した。

その先生に診察してもらってすべて解決した。
症状は、胃から腸へ食べた物が移動する時スムーズに通ってない。
それはダンの場合、ご飯を食べると胃が重くなり引っ張られて
通常より胃の位置が下がってしまっているので何かの拍子にバッと吐いてしまう。
ガッつきませんか?
はい。ガッついてます。
その時空気もたくさん入ってしまうので重くなったりします。

ほ~そうか~と納得。

そして一番驚いたのは、虫下しの薬を見せた時。
『これ虫下しって言われたの?
このトロ~っとしたカンジは胃に粘膜をはって予防する薬だと思うんだけど。』



コブができたことも話した。

『それは吐き気止めの薬を打ったんだと思うよ』



吐き気止めの注射を打ったなんて事一言も聞いてない。
注射を打って経過を良く見せたって事

不信感がどんどんつのる。

『だいたい血液検査をしてもこの症状は分からないよ。レントゲンは撮ったの?』
 
『はい。3枚ほど撮ったと明細に書いてあります。
血液検査は4回もしてます。ウイルス検査もしました』

『ウイルス検査は結果を見せてもらった?』

『いいえ、先生が大丈夫でしたとおっしゃったので・・』

『ダメだよ!検査をしたらその結果をちゃんとみせてもらわなきゃ。
本当は検査をしてないかもしれない。』



極めつけは入院は全く必要なかったよと。
お金もう払っちゃったの?とまで心配してくれた・・・

高い勉強代と思ってKにまた頑張って働いてもらうことにした落ち込み

血液検査も、本当に検査をしたい部分をするものだと聞いた。
全項目する必要も無いんだとか。

明細には全項目をバンバンしてあった。

なんとも言えない裏切られようで・・・
一番かわいそうなのは、何でもないのに病院の狭いゲージに閉じ込められて
血液検査もされて、注射も打たれて、一人で1週間もあそこにいた事。

『ダン本当にごめんね』
123_2302.jpg

今もゲップの拍子や水のがぶ飲みのしすぎで吐いたりするけど
ちゃんと理由がわかったから無駄な心配をしなくて済みました。
ダンは元気だったのです

comment

管理者にだけ表示を許可する

おつかれさまです。

ダン君もママ様もおつかれさまです。
そして、なにもなく元気で、よかったですねi-179
病院は選びは難しいですね・・・。でも良いお医者に巡りあえて良かったですね。
なにも無いのが一番ですけど・・・。

e-68v-280なおべえさんへ
病院は選ぶものだと初めて実感しました。
動物の気持ちは人間では分からない
だから獣医さんに頼るしかない
それなのに・・・なんだか弱みに付け込まれた
感じさえしました。
みなさんが良い獣医さんに巡りあえますように
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

トモ

Author:トモ
パトン(♀)
クリーム
誕生日2005/4/25
 
ダン(♂)
ブリンドル
誕生日2005/12/31

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。